資格での転職でも特にハイリターンになる例(行政書士の場合)

行政書士の資格はまだ世の中での認知度が低い資格だという意見があります。
実際に行政書士の仕事が何なのかを知らない人はたくさんいることでしょう。
しかし法律関連の資格の中ではいちばん狙い目かも知れません。
弁護士や司法書士の資格試験ほど難関ではないですし、 毎日のように学校に通って何年も勉強しないと絶対に受からないというほどではありません (とはいっても、行政書士の資格試験も相当の難易度で、けっこうな覚悟を決めて勉強しないと合格は無理ですが)。 それから、行政書士の資格を持っているとバラエティに富んだ仕事をすることができます (行政書士の資格は、役所等に提出するための書類の作成やその手続きの代理、 それから、さまざまな法的な書類を正しく作成することが中心となります)。
自分の専門分野をつくって仕事をこなしていくこともできるため、将来に向けて自由な夢を描ける資格でもあります。
また、行政書士はこれだけの難易度がある資格としては珍しく、受験資格がありません。
つまり、学歴や職歴のない人でも、実力があれば資格を手に入れることができるのです。

よく行政書士については、「独立・開業向きの資格だ」と評されることがあります。
行政書士に受かった人たちが、よく自分の事務所を構えていることからそういわれているようですが、 転職の役に立たない資格なのではありません。
他の行政書士の事務所で雇ってもらうというケースは確かに少ないようですが、 他の士業の事務所(最近は、総合的な士業の事務所も増えていますね。
つまり、行政書士であったり司法書士であったり社会保険労務士であったりと さまざまな有資格者が所属していて、総合的な依頼を請け負っている事務所ということになります)、 あるいは会計事務所等で転職が決まっている事例が増えているのです。

行政書士は、他の行政書士とは違った特色を打ち出してすみわけをしていくようなことも、しやすい資格です。
転職でも開業でも、どちらにしても今後さまざまな働き方が考えられる資格というわけですね。

行政書士の資格は多くの人たちにチャンスがあります。最近は、半年くらいのスパンで カリキュラムを組んでいる学校や通信教育が増えていますから、 早いうちに自分に合っているところを探して勉強していくとよいのではないでしょうか。