資格での転職でも特にハイリターンになる例(社会保険労務士の場合)

資格を転職に活用したい人たちの間でも、最近までほとんど話題にならなかったのが 人事や総務向けの資格ではないでしょうか。

しかしどこの企業にとっても、人事・総務・労務といった部門は非常に大事です。地味なことは事実ですが、 大企業はもちろん中小企業でも、なしでは済まされない部門でしょう。
この方面の資格でいちばんステイタスがある資格が社会保険労務士です。

社会保険の手続きを取り仕切ったり、年金に関する書類を作成したりと、 人を労働者として雇っているとさまざまな手続きを行わなければならないのですが、 これに関するスペシャリストとして活動するのが社会保険労務士という資格で、 転職を考えている人たちからも将来独立開業したい人たちからも、今は等しく注目を集めています。

労使トラブルは(あまり目立っていないですが)全国各地で発生していますが、 これは雇用形態がどんどん変化していることや、 社会保険や年金のシステムが随時変更されていることが背景にあるでしょう。
そして不景気のため、解雇やリストラに関する問題が多発していることも影響していると思われますね。

ようするに、今のような時代なら社会保険労務士の資格を持っている人材は活躍をする場所が確実にあるわけです。
一定のサイズの企業では、人事や総務を専門に行う部門がつくられているのが当たり前ですが、 そこに転職したいと思ったら社会保険労務士の資格があることはすごく強みになります。

社会保険労務士の資格はこのジャンルではいちばん難易度が高い資格です。
社会保険労務士の資格は受験資格も制限されていて誰でも受けられる試験ではない(学歴や職歴等の制限があります。
大卒でない場合は、労務関連の実務を積んでいるか、特定の国家資格を取得していること等が条件となります。)上に、 毎年の合格者も少なめです。
それでも受かることができれば、転職をはじめさまざまなキャリアアップの助けになってくれる 資格であることも間違いありません。

社会保険労務士は難易度が高いこともあって、独学では狙いにくい資格です。
特定の学校に通っている人も少なくありません。ただし転職のためとなると当然 日々の勤務を続けながらの勉強になりますから、通学し切れない人も出てくるでしょう。
通学が難しい場合はせめて通信教育を使うなどして、うまく勉強をやり遂げるようにしていきましょう。