資格での転職でも特にハイリターンになる例(税理士の場合)

税理士の資格は、いうまでもなく税金のスペシャリストとしてさまざまな「税務」を行う技能を認める資格です。
税金はどんな企業においても非常に大事なものであって、これから世の中がどのように変化していっても 税制度がなくなることはあり得ない以上税理士の資格も仕事もなくなることもまずありえません。
つまり税理士の資格は仕事が安定していて、しかも景気の影響もほとんど受けることがないのです。
そんな背景を考えたら、転職先に税理士を含めることはとても有効だといってよいでしょう。

現実の税理士は、企業の規模、あるいは法人か個人事業主かに関係なくさまざまな税務を担当します。
税を申告したり、税務書類を作成したりと、税務に関する代理から相談に至るまで幅広く スペシャリストとして仕事をこなしているのです。

税理士の資格を持っていると、一般企業の経理部門ではもちろん高く評価されますから、 転職活動をするときに税理士の資格があると非常にアピール効果を期待できます。
簿記の1級に合格してから税理士に挑戦する人が絶えないのも当然のことでしょう。

税理士の資格があると大企業の経理部門に転職できるチャンスがあるほか、 さまざまなコンサルティング会社で責任ある仕事を任されるチャンスもありますね。
また企業に限らず、何らかの専門の事務所(たとえば会計事務所が考えられますね。そしてもちろん税理士事務所) に入ることもできるだろう ゆくゆくは自分の税理士事務所を立ち上げるチャンスもありますから、転職以上の夢も描けますね。

税理士の試験を受けるには受験資格があります。学歴や職歴をはじめ細かく規定されているため、 国税庁に問い合わせるなどして最新の受験資格を確認する必要があります。
また、税理士の試験は科目が多く、全11科目の中から5科目に合格しないといけません。

1 会計科目
(両方とも必須)「簿記論」「財務諸表論」
2 税法科目
(どちらか必須)「所得税法」「法人税法」
(任意選択可能)「相続税法」「消費税法」「酒税法」「国税徴収法」「固定資産税」「事業税」「住民税」

ただし、同時に合格する必要はないため、何年かけて受かってもよいですし、一度合格すれば一生有効です。
転職して本格的に税務の世界でやっていこうという気概のある人には、税理士はおすすめの資格となります。