資格のおかげで転職先が多い(簿記の場合)

簿記は、企業の日々の経営活動を正確に記録・整理して、 企業の経営状態をはっきりとさせておくことを指す言葉です。
簿記というと、経理というポジションとよく連想される資格ではないでしょうか。

会社という組織では、経理というポジションは必要不可欠です。
金の動きを管理する役目を遂行する人材がいないといけないですから、当然のことですが、 簿記という資格は経理をやる人間だけがとる資格ではなくなっているという現実があることをご存じでしょうか?

簿記には種類がありますが、今「簿記」とだけいった場合、ほとんどは「日商簿記」の意味で使われているでしょう。
日商簿記の資格があると転職が有利になることは、簿記、特に日商簿記の資格を求める求人が 世の中にあふれていることからもうかがえますが、 簿記は、経理を専門としている人たちが受ける資格ではなくなっているようです。
金の動きを理解することはビジネスマンにとっても大事なことであるという常識が広まっているため、 営業といったポジションの人たちが積極的に簿記を勉強する時代になっているからです。

簿記には1級から4級まであるが、4級はほとんど話題にされていません。
簿記3級から受ける人のほうが多いでしょう。ただし3級だけでは転職を有利にすることはあまり期待できません。
簿記3級から受けるにしても、できれば2級まで受かっておきたいところです (転職の際に「簿記2級」と書いてあることで得られるメリットを存分にあるからですね)。

(日商)簿記の3級あるいは2級を転職のために受けたいと思う人がいちばん多いことと思われますが、 簿記の3級や2級はそれほど難易度が高い資格ではありません。受験資格もありませんし 独学で受かる人もいます。ただし転職希望者となると、日々勤務を続けながらの勉強となりますから 独学は挫折しやすいものです。といって学校に行く時間もないことが多いでしょうから、 独学でやれそうだったら独学で、それがつらいときは通信教育を利用すると時間を無駄にせずに済むでしょう。

※簿記1級ももちろん評価の高い資格ですが、これはむしろ税理士試験を受けるためのジャンプアップの段階だとみなしたほうがよいでしょう(あるいは、公認会計士への段階にすることもできますが)。