資格のおかげで転職先が多い(宅建の場合)

宅建はかなり前から評価の高い資格だったといえます。
これは転職や就職のために資格をとりたいと考えている人たちの間だけのことではなく、 社会全体で評価され、また尊重される資格だったということです。

宅建こと宅地建物取引主任者は、不動産(建物も土地も両方含まれる)の売買が行われる場で常に必要な資格です。
不動産の取引は、動産の取引とは根本的に異なっています。
もともと巨額の金が動くことが多く、 また権利が移転するという形になり、実際に買った品物を持って帰るわけにはいかないこともあって、 不動産の取引について法律は、昔から非常に慎重な態度をとっているのです。
買い手に対して重要事項の説明を行ったり、書類への記名や捺印を行ったりしないといけない、と 法で定められていますが、それら一連の手続きを行うことを許されているのが、この宅建という資格なのです。

宅建の資格は当然、不動産業界でものすごく高い需要がある資格です。
現在は、宅建の資格を持っている人材を必ず不動産の事業所には配置しないといけないことになっていますし、 それも「5人に1人」の割合と決まっています。
この決まりがあるため、不動産の事業所では宅建の有資格者を始終募集していますし、 「宅建の有資格者は転職先に困ることがない」とよくいわれるゆえんでもありますね。

宅建の有資格者になることができたら、(不動産業界はもちろんとして)転職先には建設・建築業界、 そして意外かもしれないが金融業界も入ってきます。
これは、銀行や保険会社では土地や建物を取り扱うことも多く、宅建の資格と知識は高く評価されるからでしょう。

宅建の資格試験を受けるにあたっては誰でも受けることができます(受験資格はありません)し、 本格的に不動産業界、あるいは金融業界のようなつながりのある業界で 不動産を取り扱っていく覚悟があるならばぜひおすすめできる資格です。
合格率は決して高めではありませんが、安定した仕事に転職できるチャンスも高いですから じゅうぶんに努力をする価値がある資格でしょう。
最近は、宅建の勉強をフォローしてくれる通信教育もありますから、 うまく利用して時間をあまりかけずに合格したいものです。