資格のおかげで転職先が多い(建築士の場合)

建築という技術は太古の昔から存在していました。
もちろん昔と今では建築の内容もまったく違いますが、人間が生活していくために必要な3要素 「衣・食・住」の中のひとつを下から支えている仕事でもあり、これからも需要がなくなることはありえません。
それに住まいとは、簡単に変えることができないものでもあって、質の高い建築は欠かすことができません。

建築士は、日本の建築の世界では頂点に立つ資格(もちろん国家資格)といってもよいかもしれません。
建築の世界を代表する資格といってもよいでしょう。

建築士の有資格者の仕事は、建物の設計や工事の進行状況を監督することが中心になります。
建物がつくられるときは必ず図面が用意されますが、緻密につくり出されたその図面の内容通りに 建物がつくられているかを管理するポジションとなる以上、その責任は重大なものです。
建築士の資格はよく知られているように、級によって分けられています。
「1級」・「2級」の区別があるほか、「木造」という資格もありますね (もちろん1級のほうが2級よりも上位の資格であって、1級の資格試験では、2級建築士に対して 仕事の指令を出せるかどうかを試す問題も出されているほどです)。

建築士の資格は、各級に応じて、行える仕事の範囲が細かく定められているため、 「つくられる建物ごとにその級の建築士の出番がある」という見方もできます。
いずれにしても、建築士の仕事の幅は広いということですね。

建築士の資格で転職するとなると、当然建築事務所や建設会社、そして町中の工務店等が簡単に想像できますが、 このほか、住宅メーカーやマンションディベロッパーといった不動産関連の業界でも転職のチャンスがあります。

近年の建築はどんどん多様化しており、そのことはインターネットを何気なく閲覧していても実感できます。
建築関係の広告の多さが、建築に対するニーズの多さと建築士の仕事の多さを象徴しているといえるでしょう。

※なお、建築士の受験資格はかなり複雑になっています。学歴や職歴によって複雑に変わるため、建築技術教育普及センター等の機関にその都度問い合わせるほうが無難です。